恋人と出会い系マッチングサービスで出会ったのは、豪雨が降っていた夏季の何でもないユニバーシティの待合室にて。

彼と出会い系マッチングサービスで出会ったのは、大学のロビーにて。あたしはテストが近かったので、大学のロビーで近くと苦手科目の実習をしていた。夕刻になり帰ろうと立ち上がり、そういえば○○のトレーニングのメモが未終息だった…と気づいた。○○は明後日がテストだった結果単位は半諦めかけていた。「○○のトレーニングのメモまだ完成してない、危ういかも」と近くにもらしながら玄関へ歩いていると…。「よかったら、身のメモ貸しますよ。」と後ろから本音がした。え?と思い振り返ると一人の男性が立っていた。あたしは不思議に思ったし、知らないクライアントだったので人違いでは?と考え、「あ、あの、身の回りじゃないですけどいいんですか?」「もちろん」と謎のやりとりをしてメモを貸してもらうことになった。やけに優しい人だし、不気味とさえ初めは思った。そのあす、無事に彼にメモを返し安堵していると近くから、「彼がラインのID引っかかるって」と言われた。誰かと思えば、あのメモの彼だった!改めてお礼を言おうと憧れラインを近くを介して交換した。それからは、5お日様に一度のラインが3お日様に一度、デイリーと頻繁になり、ついには電話する関係になった。ある日、彼と電話をしていると彼が突然沈黙になった。その瞬間「好きです。付き合って下さい」と言われた。あたしは驚いたが、誠実嬉しかった。「もちろん」と言いそこで、私たちは恋人となった。付き合って3クラスだが、お互いを尊重行える関係である。カゴメ株を買ってお得になる方法はこちらまで